マズのレベル上げ生活 総括

すっかりご無沙汰しておりますが、皆様お変わりございませんでしょうか。

 

この春から、上の子が幼稚園に通い始める予定となっておりまして、通園費の支出が増えるため、家計の見直しが急務となっているのですが、その一環として東京ガスのトリプル割(電気+ガス+フレッツ光の契約一本化)を検討しております。

 

プロバイダは@niftyのままとなる見込みなのですが、契約内容の見直しに伴い、ブログ開設不可のプランを選ぶかも知れませんので、その場合は当ブログは自動的に消滅いたします。推測だけど、多分ブログ維持に月1000円くらい多くかかっちゃうのよね。

 

というわけで、2007年6月に開設した当ブログ、約10年の歳月を経て更新終了となるわけですが、振り返ってみると実に色々なことがありました。特に、比較的頻繁に更新していた2007年から2012年にかけては、リーマンショック、民主党政権、東日本大震災などといった、極めて大きな災害が頻発した時期であり、改めて自分が書いた記事を読んでみると、当時考えていたこと、感じていたことが色々と思い出されて、たいへん感慨深いものがあります。

 

ともあれ、今までたくさんの方々に閲覧していただき、とても励みになりました。(後半の5年間は、数えるほどしか更新できてませんが...)最終的なページ閲覧数は、約42万という結果となりました。皆さまの貴重なお時間を、当ブログの閲覧のためにお使いいただき、この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

 

もし@niftyが、ブログを安価に維持できるプランを用意していれば、当ブログは消滅せずにこのまま残る形となると思います。そしたら今度は5年後、10年後くらいにひっそりと更新したりするかも知れません。もしそうなりましたら、またご覧いただければ幸いです。

 

それでは、本当にありがとうござしました。これにて失礼いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実家に帰省したら本棚から鉄分豊富な本が出てきた件について

今年の夏は、家族三人で実家に帰省をしてまいりまして、先日一歳になった息子を連れての初めての帰省ということもあり、充実した休暇を過ごすことができました。んで、実家に滞在中に、元自室の本棚に「あれ?こんな本あったっけ?」って感じの鉄分豊富な本が置いてあったんで、何となく手に取ってみたのですが。

 

1_s_これが本棚に置いてあった「私鉄全百科(発行:小学館 コロタン文庫13)」昭和60年2月20日、第2版第4刷発行となっております。表紙は今も昔も私鉄特急の花形である小田急ロマンスカー(7000系・LSE車)。ガキの頃にほとんど読まなかったため保存状態は良好なんで、オークションで高値がついたりしないかなw

 

2_s_いつも世話になってる黄色いあんちくしょうも、普通に掲載されております。山手線は約10年で新造車両に入れ替わるって話になってるけど、コイツらは未だに大量に配備されてるし、あと30年くらいは現役で走るものと思われる。その頃には走るシーラカンスと呼ばれてそうだw

 

 

さて、子供時代の俺が、何故この「私鉄全百科」に全く興味を示さなかったんだろう、と改めて思い返してみますと、そもそも俺の父と祖父は国鉄職員だったり、子供の頃にこういう鉄道の本を買い与えられていたり、鉄道関係のイベントに連れていってもらった時の記念写真があったりと、なかなか鉄分豊富な環境だったんだけど、鉄道にほとんど興味を示さず、早く免許を取ってクルマに乗りたい!といった具合に育ってしまった模様であります。

 

というか、実家の最寄り駅が単式ホーム1面1線の無人駅で、一時間に一本、一両編成の列車(非電化)がやって来るだけの、なんの面白味もない駅なんで、俺の知る限りはクルマより鉄道のほうが好き!なんて子は周りに居なかったのよね。もっと便利な路線が利用できる地域に住んでいないと、子供としては鉄道は不便で退屈で面白味の無いもの、と認識しちゃうんじゃないかなぁ。

 

その点、うちの子は俺の子供時代と比べると遥かにマシな鉄道網を利用できるはずなんで、果たして鉄道とクルマのどちらにより興味を抱くのか、ちょっと将来が楽しみであります。この子が幼稚園くらいになったら、近場の車両基地の一般公開イベントとか連れて行ってみようかな。案外俺のほうが、子供そっちのけで電車に夢中になっちゃうかも知れないけどw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一週間のドイツ出張を敢行してまいりました

先日、海外出張をする機会が巡ってきまして、久しぶりにドイツに行ってまいりました。前にドイツを訪れた際は旅行会社のツアーを利用したので、基本的に添乗員の後をついていけば良かったんだけど、今回は自分達で移動手段を確保しないといけなかったんで、いろいろ大変でした。

 

2013081803jpgs特に大変だったのは鉄道での移動でして、無駄に多言語対応されている日本の鉄道とは大きく異なり、駅名などの表記はドイツ語のみなので、中央駅を意味する Hauptbahnhof などの単語を知らないとマトモに利用できません。国際都市のフランクフルト・アム・マインでも英語併記すらされていないのは意外だったなぁ。

 

2013081801jpgsドイツの食事は、俺が食べた範囲では塩辛く、硬めの食べ物が多い印象。ふわふわ、もっちり、ほのかな甘みがある、などといった要素は基本的にはありません。でもビールと一緒にいただけば丁度良い感じなんで、個人的には食事にはストレスを感じなかった。あと乳製品作りが盛んとのことで、チーズとかレベル高いかも。

 

2013081802jpgsまた、何かのサイトに「海外でもNINTENDO 3DSですれ違い通信ができることがある」と書いてたんで、試しにかみさんの3DSを持っていったところ、ドイツ人3人、イギリス人1人とすれ違うことができた。すれ違うとしても日本人旅行者だと思ってたんで、現地人とすれ違えたのはラッキーでしたw

 

そんなこんなで五泊七日のドイツ出張を敢行してきたわけですが、かみさんの協力無くしてこの出張は実現しなかったので、とても感謝しております。家族に負荷がかかるし正直疲れるから、次の海外出張は何年か先でいいや...って思ってるけど、もしかしたらまた近いうちに行くことになるかも知れないなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ISOFIX対応チャイルドシート「takata04-i fix」を装着してみた

つい先日、待望の第一子が誕生したわけですが、今回の記事は子供の話題ではなく、その子が座るチャイルドシートのお話です。まぁある意味子供の話題なんだけど。個人的には「うちの子は超可愛い!お乳たくさん飲むしゲップも上手に出せる!もうサイコーです!!」といった感じの子煩悩ブログを見てもあまり面白いと思わないんで、当ブログには基本的にうちの子は登場しない予定ですw

 

さて、今回購入したブツは takata04-i fix という製品なんだけど、最大の特長はISOFIXに対応している点でして、要は「チャイルドシートをシートベルトで固定するのは面倒なうえに不確実だから、金具でガッチリ取り付ければいいんじゃね」的な規格に適合した製品です。なお、取り付けるにはクルマ側もISOFIXに対応した金具(ロアアンカレッジ)が付いている必要があります。

 

Imagejpgs早速うちのゴルフに装着してみたところ、簡単にガッシリと取り付けることが出来まして、残念ながらコンベンショナルなシートベルト固定式のチャイルドシートの取り付けをしたことが無いんで比較はできないんだけど、恐らくシートベルトによる固定でここまでのガッシリ感を実現するのは無理なんじゃなかろうか、というくらいガッシリしてるので、とりあえず満足しております。なお、画像は前向き装着だけど、新生児を乗せる際は後ろ向きに装着して使用します。

 

まだ子供は産院に居るんで、実際に座らせてはいないんだけど、気に入って大人しく座ってくれるといいなーなんて思ってたりしてます。それにしても、俺が幼児の頃はチャイルドシートどころかシートベルトも無しで、車の中を飛んだり跳ねたり転がったりしてたのに比べ、今時の子はこんなカッコいい専用シートを用意してもらえるなんて役得だなー。「こんな素敵なシートを用意してもらえる私は、きっと特別な存在なのだと感じました」くらい思ってくれてもいいのに。まぁ本人にとっては、チャイルドシートに縛り付けられるより、車の中で自由に飛んだり跳ねたりできる方が羨ましい、なんて思っちゃうのかも知れないけどねぇw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOLF GT TSI のタイヤをネット通販で購入して交換してみました

ずいぶん久方ぶりのブログ更新です。俺の愛車であるGOLF GT TSIは2007年製なんだけど、タイヤ交換は一度もしたことが無く、タイヤの劣化が進んでたんで、今回タイヤ交換をしてみました。

 

Img_1373jpgs2_2これは交換前のタイヤの画像。タイヤの山はまだ残ってるんだけど、タイヤ表面が経年劣化でひび割れて、状態があまりよろしくなく、安全性に不安があるんで、ちょっと奮発して交換することにしてみた。

 

んで、タイヤを交換する際、純正タイヤと同じメーカー、同等グレードのタイヤに交換するのがセオリーだと思うけど、ゴルフ純正のコンチネンタル製タイヤは日本国内ではあまり流通してないんで、ミシュランかダンロップで迷った挙句、今回はミシュランタイヤ(MICHELIN Pilot Sport 3 225/45R17 91W)を選ぶことに。

 

Img_1382jpgsタイヤの調達先は、タイトルにある通りネット通販を利用しました。タイヤ単価がカー用品店と比べて圧倒的に安く、タイヤ持ち込み交換作業(今回はVWディーラーに依頼)の工賃が割高になるのを考慮しても、俺の場合は近所の大手カー用品店に比べて、四万円ほど費用を抑えることができました。

 

MICHELIN Pilot Sport 3 の印象としましては、スポーツ性とコンフォート性を兼ね備えたタイヤという評判通りで、段差を超えたときの突き上げがマイルドになり、ロードノイズも低減されたのが実感できたので、とても満足しております。

 

そんなこんなで、今回のタイヤ交換は費用、効果ともに非常に満足しておりますが、ネット通販を利用すると、誤発注や配送ミス等のトラブルが発生する可能性があるんで、安い代わりに相応のリスクもあることを理解した上で利用すると良さそう。

 

あと小さくてリーズナブルなタイヤなら、カー用品店との価格差があまり無いかも。大きくてグレードの高いタイヤを使用してて、タイヤサイズに関する知識があり、通信販売の利用経験があり、タイヤ交換費用を安く抑えたい!という方は、ネット通販を検討してみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三年ほど前に多数決でドロ船に乗せられることが決まってえらい目にあった話

三年ほど前、とある選択をする機会がありまして、「ぼろ船とドロ船どっちに乗りたい?」という選択肢だったんだけど、もっとロクな選択肢は無いものかと思いつつ、ドロ船は沈没確実のそれはもう酷い船だったんで、仕方なーくぼろ船を選択しました。けど他のみんなはドロ船の船長の甘言に乗せられて、こぞってドロ船に乗るほうを選んだので、極めて遺憾ながら俺もドロ船に乗船させられる羽目にあいなりました。

 

Hatocafes そもそもドロ船を、あたかも宝船であるかのように吹聴したマスコミが悪いんだけど、それを真に受けてしまうのも正直なんだかなーと思ってしまうわけですが、一応ささやかな抵抗は当ブログ上で試みまして、 ドロ船の船長は頭がおかしいので注意してみたりドロ船に乗船することの危険性について注意を喚起したりそれでも多数決でドロ船に乗船することが決定的になったので軽く絶望してみたりドロ船に乗船した瞬間に沈み始めたのでさらに絶望してみたり してみました。

 

嗚呼、もしもっとたくさんの方々が、三年ほど前に俺のブログを見ていたら、日本はもっとマシな方向に行っていたのかも知れないね。嫌なら見るな!などとのたまうテレビ局から公共の電波を取り上げて、試しに一年くらい俺に放送免許を預けてみてはどうかと思ってしまうな。テキストベースで良ければ、少なくとも今のウジテレビあたりよりマシな情報をお茶の間に届けられるよ!一度任せてみてください!トラストミー!なんて言ってみたりしてw

 

まぁ、そんなこんなでドロ船に乗せられて三年が経ったわけですが、幸運にもドロ船に乗った私たちが完全に海中に没する前に「ドロ船に乗り続けるか、ぼろ船に乗り換えるか、あなたならどっち?」という選択をする機会がやって来たわけです。私からはこれ以上申し上げることは何もありません。どうぞお好きな方をお選びください。もっとも、ドロ船は乗客が降りる前に乗組員が大脱走している状態なんで、まともに情報収集している方なら、ドロ船に乗り続けることを選びはしないだろう、と個人的には思ってるけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新婚旅行で北海道に行ってまいりました

先日、無事に北海道への新婚旅行を終えてきまして、食べたり飲んだり観光したり、まぁ色々とあったわけですが、旅程の全てについて記事にすると膨大な量になっちゃうんで、旅行中の足として使用した「トヨタ・アクア」のインプレッションを中心に述べさせていただきます。

 

 

Image1今回、レンタカー屋で借りて北海道を一緒に旅したトヨタ・アクア。言わずと知れた世界一の低燃費車(EV、PHV除く)であります。他のコンパクトカークラスの車種よりレンタル料は高いんで、経済性と言うより興味がある車種ということで選んでみた。個人的には短期間の使用であれば黄色やオレンジ等の派手な色の方が好みなんで、無難な白色だったのはちょっと残念でしたw

 

んで、運転してみた第一印象としては「ごく普通の小型車」といった感じ。ちなみにハイブリッドカーにとって「普通」というフレーズは褒め言葉です。トヨタの複雑なハイブリッドシステム(THS II)はアクセル応答性に難があるという風評があったけど、そもそもエコカーは総じてアクセル応答が緩やかだし、回生ブレーキもちょっと急に制動力が立ち上がる感はあるけど、ブレーキペダルの踏力でコントロール可能な範疇といったところ。

 

もちろん良くも悪くも普通の小型車といった感じなんで、普段乗ってる GOLF GT TSI と比較するとエンジンパワー、ボディ剛性、接地感、直進性など、全体的に物足りない感じ。というか、アクアの燃費性能および価格で、ゴルフ並みの基本性能を備えてたらトヨタ以外の大衆車メーカーは絶滅してしまうかも知れんw

 

特にアクアの内装は、散々指摘されているけど本当にチープで、パワーウインドウ周りのプラスチックの質感、厚み、スイッチの操作感などは一昔前の軽自動車の廉価グレード相当といった感じ。アクアは決して安い車ではない(=車にある程度こだわりのある人がターゲット)ので、あと5万、10万高くなっても、もうちょいしっかりした内装にすれば良かったのになーって思ってしまった。でもそうするとプリウスと価格差が無くなっちゃうし、それはそれで苦渋の決断だったのかなぁ。

 

Image2肝心の燃費に関しては大満足でして、ゴー&ストップの少ない北海道の快適な交通環境という要素もあるけど、特にエコランを意識せずエアコンもつけっぱなしで、普通に俺とカミさんが交代で運転して26.6km/lをマーク。低速時や下り坂ではけっこう頻繁にEVモード(エンジン停止状態)になってたんで、トヨタ方式のハイブリッドシステム(THS II)の優位性を実感できました。

 

 

Image3そんなこんなで、アクアと共に北海道を巡り、1100kmほど走行して最終目的地の宗谷岬に到着。札幌周辺は晴れていたけど稚内に近づくにつれ雨雲が出てきて、残念ながらサハリンの地を拝むことは出来なかったけど、寂しげな曇り空に歌謡曲「宗谷岬」がエンドレスで流れる情景は「ついに最北端の地まで来たのだなぁ」と旅情をかきたてられるものがありました。

 

なお、宗谷岬は稚内空港から車で20分ほどの場所にあり、稚内空港は羽田空港から飛行機で二時間ほどで行けるんで、行こうと思えば割と簡単に行けたりします。実際、お昼頃に宗谷岬で写真を撮ったりお土産を買ったりした後帰途につき、夕方には家に帰ってこれた感じでした。国内旅行がお好きな方であれば、一度日本最北端の地を訪れてみては如何でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新婚旅行で北海道に行ってまいります

ここ数ヶ月ほど忙しい日々が続いておりまして、本当にしばらくぶりの更新となりました。ブログの記事のネタが無かった訳ではなく、むしろありすぎるくらいだったんだけど、結婚披露宴の準備など、ブログの記事にしづらい事柄が多かったんで更新はストップという形になっておりました。

 

披露宴の具体的な内容に触れたら出席者に対してネタばれになっちゃうし、かといって具体的な内容を伏せた「幸せ近況報告ブログ」だと読んでて全然面白くないどころかウザいだけだし。少なくとも個人的には「今日は妻と披露宴の衣装選びをして来ました*^^* 残念ながら写真はお見せできません*^^* 私たちとってもHappyです*^^*」みたいな記事読んでも面白くないと思うんで。それとも、そういう類の記事でも需要あるんだろうかw

 

 

はてさて、そんなこんなで結婚披露宴を終え、今度は新婚旅行の計画を進めていたわけですが、行き先はカミさんが希望してた北海道になりました。カミさんが温泉好きなのと、美味しいものを食べ歩きするならやっぱり国内がいい!とのことで、俺も下手に海外旅行するよりは国内のほうが充実した旅行になるというのは同意見なんで、カミさんが行ったことが無い北海道にあいなりました。

 

Img_1245jpgs_4ルートは旅行ガイドブックに載ってたプランを参考にして、札幌→旭山動物園→富良野→十勝→登別温泉→札幌といった感じで道央圏を巡り、最後に稚内の宗谷岬(日本最北端の地)を目指す、といった感じにしてみました。

 

 

また、今回の旅の見所として、行きは上野発の寝台特急カシオペアのチケットの予約が取れまして、さらに食堂車のディナー(フランス料理コース)のキャンセル待ちをしていたところ、先日めでたく予約が取れたとのことだったんで、とっても楽しみにしております。しばらく先になりそうだけど、北海道旅行の体験談を記事にさせていただきたいと考えておりますので、どうぞご期待くださいw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅ればせながら新しいiPadを購入してみました

前々からノートパソコン等のモバイル機器の購入を検討しておりましたが、この度ついに新しいiPadを購入してみました。iPad2まではディスプレイの解像度が物足りなかったけど、新しいiPadはフルHDを超える2048×1536ピクセルのディスプレイを備え、それに伴いグラフィックス性能も強化されているという点が購入の決め手となりました。

 

Img_1091jpgs購入したモデルはWi-Fi版で、ストレージ容量32GBのホワイトであります。新宿の某家電量販店で予約してから二週間で入手できました。付属品はDockコネクタUSBケーブルと電源アダプタ、あとは読む必要の無い取説といった感じで相変わらずシンプル。

 

Img_1092jpgsんで、iPad自体は何ら問題なく動いてくれてるんだけど、一緒に購入したカバーを装着したところ、かなりキツくて保護フィルムの四隅が圧迫されて浮いてしまった。伸縮性のある素材だからそのうち馴染んでくれるのかなぁ。もしかしてiPad2(0.6mm薄い)と同じ型を使って作ってるんじゃないかと勘ぐってしまうなw

 

といった感じで、カバー選びにちょっと反省点を残してしまったものの、心配していたWi-Fiシグナルが弱いことがあるという問題も発生せず、とりあえずは満足して使用しております。あとはiPadからHDMIで映像/音声を出力できる「Apple Digital AVアダプタ」を試してみたいんだけど、何処行っても売り切れになっちゃってるんだよなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かなり久しぶりのブログ更新であります

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。昨年の10月以来、かなり久しぶりのブログ更新でありますが、実は11月に入籍しまして、それ以降色々と忙しく、すっかりブログが放置状態になってしまっておりました。

 

Img_0915jpgs入籍に関する話題を中心に更新していくって手も一応あったんだけど、「成就した恋ほど語るに値しないものは無い」ということで自重しときました。書いたところで実も葉もないお惚気話になってしまって、ご覧になる方もあまり面白くないだろうし。リアル知り合いならそれなりに面白いのかも知れないけど、それはそれで気恥ずかしいので却下させていただきますw

 

そういう訳で、こちらのブログは今まで通りに趣味の話題を中心にしていきたいと思っておりますが、良くて月一回くらいの更新頻度になってしまいそうなんで、忘れた頃に見に来ていただく程度で丁度良いものと思われます。もしかしたら来年、再来年くらいには子煩悩ブログに様変わりしてしまってるかも知れないけど、それはそれでw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«プレイステーション3用ソフト『ダークソウル』をやっとこさクリアいたしました